about

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

mandala leatherについて.....

自然豊かな福岡県の糸島でbashicoが日々自然からのインスピレーションを存分に受け、
企画・デザイン・制作・販売を一貫しておこなっています。

全ての作品には日本一の品質を誇る栃木レザー(※1)を用い、一つ一つ工房で手作りをしています。
一枚の平たんな革に繊細な模様を心を込めて木槌で刻印し、曼荼羅模様を表現する手しごとは、まるで瞑想をしているかのようです。

金具は最小限におさえ、極力自然に還る素材で作るので、縫い糸は麻糸を自身でロウ引きして使用しています。

愛着がわき、永く使いたいと思っていただけるような作品つくりを目指し、主にイベント・フェス会場での対面販売で作品をご紹介、販売しています。
沢山の作品をご用意できない、お財布はオーダー受注にて承っております。 

ご自身で作品をお作りになりたい方のために、工房や各イベント、企業へ赴いてのワークショップも不定期に開催しております。


 (※1)栃木レザーとは、有害な物質を出す薬品類を一切使わず、アカシア系の樹木であるミモザの樹皮から抽出したエキスを使って「植物タンニンなめし」という伝統的ななめしを行い、6か月もの月日をかけて加工した、地球にやさしい革です。
また、その工程で使われた大量の汚水も薬品を使わず、バクテリアや微生物を使い、時間をかけて浄化し、その一部は原皮の水洗いに再利用し、残りを川に流しています。
その際に排出された汚泥は土壌改良材として福島の復興に役立てています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

bashico.....

作り手の私、ばしこは洋裁の得意な母から生まれる。
小さなころからもの作りが大好きで、着ている洋服は全て母の手作り!な幼少期を過ごし、
大人になってからも縫い物、編み物、染物、ビーズ、マクラメ、ワイヤーワーク、DIY、とにかくなんでも作っていました。

2004年より、千葉の海辺の雑貨屋さんJAHで麻糸を使った作品の販売をスタートし、次第に革を使った作品を作り始め、曼荼羅のような模様を作る、今の技法を独学で産みだす。

その後、全国各地のフェス、まつり、マルシェでの移動出店を始め、現在は福岡県糸島へ拠点を移し、活動中。

今後は制作本も出版したいなぁともくろみ中・・・

≪過去の出店場所≫
代々木公園アースガーデン、旅祭、greenroom camp、七里ガ浜フリマ、earth camp、HAPPY FARM FESTIVAL、アースセレブレーション、山のおんぶ、RAINBOW ASO2012、パサール満月祭、あそびのくに、イトシマルシェ、大博多輸入雑貨市、HINODEマーケット、など

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・